Profile

1988年京都生まれ。

同志社高等学校在学中、ピアノレッスンを岡部悦子氏に受け、その後、同志社女子大学音楽学科学芸学部演奏専攻ピアノコースでクラウディオ・ソアレス氏に師事、卒業後、京都市立芸術大学大学院で坂井千春、イリーナ・メジューエワ氏のクラスで修士課程を修了。

2013年渡独、ミュンヘン音楽・演劇大学歌曲伴奏科にてヘルムート・ドイチュ氏のクラスで研鑚を積み、最優秀の成績でマスターを取得。2014年より引き続きザルツブルク・モーツァルテウム大学にてロルフ・プラーゲ氏、その後トーマス・ベッケラー氏のもとでピアノソロの勉強を深め、最優秀の成績で修士課程を修了。2015年~2017年、DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生。

 

2012年、第9回堺国際ピアノコンクール一般部門にて、第1位(2位なし)、オーディエンス賞を受賞。河野正孝氏の指揮により、大阪チェンバーオーケストラ、やまなみグリューネ管弦楽団と、モーツァルトピアノ協奏曲KV415とKV488を共演。

2016年、リヒァルト・シュトラウスコンクール(ミュンヘン)ピアノソロ部門にて、奨励賞(実質2位)を受賞。世界的歌手ブリギッテ・ファスベンダー女史より「Die Sängerin am Klavier(歌うピアニスト)」と称賛される。

2017年、アントン・ルービンシュタイン国際コンクールピアノ部門にて優勝。

 

歌曲ピアニストとしては、2015年にガスタイク音楽賞コンクール(Musikpreis Kulturkreis Gasteig, ミュンヘン)リートデュオ部門にて、ソプラノのKatharina Konradi(カタリーナ・コンラディ)とのデュオで優勝。また同年、同デュオでの演奏でモーツァルテウム・サマーアカデミーにて受賞し、ザルツブルク音楽祭の一環で大ホール(Großer Saal der Stiftung Mozarteum Salzburg)にて受賞者コンサートでの演奏の機会を得る。

2017年4月には、ベルリンのバイエルン州大使館にて開催された、リヒャルト・シュトラウス・フェスティバル(ガルミッシュ・パルテンキルヒェン)を紹介する催しにて、メゾソプラノ歌手Michelle Breedt(ミシェル・ブレート)との共演を果たす。

 

また2016年には、ミュンヘン・バイエルン国立歌劇場での音楽劇公演「NOAH」や、子供のためのコンサート「Oskar und der sehr hungrige Drache(オスカーとはらぺこドラゴン)」にてピアニストを務める。